東風の予約状況はホームページトップに    巫弥香先生の空き状況は直接お問い合わせ下さい

占いで運気が上がる? 下がることも?

僕の印象として占いに行く目的は、恋愛、仕事、メンタル、の相談が多いです。
さらに家族、人間関係、健康、金運、等も出てきます。

運気の流れ』『自分のタイプ』を知り、それを活かして良い方へ改善していく(運気を上げる)のが占いだと考えています。

 

今回は、占いによって運気が『上がるパターン』と『下がるパターン』について書かせて頂きます。

例えば、
結婚運が2年後に結婚しているでしょうとなった時。

運気が上がるパターン
良かった!じゃあ婚活をがんばってみます。

運気が下がるパターン
結婚できるなら安心だとあぐらをかいてしまう。

占いを活かす』と『占いに頼る』の違いです。

(基本的には自分が動かないと運も動きにくい)

 

占い師もお客様も、運気を上げようと思っているはず。

引越の方位を確認して、良い方位へ引っ越す。

手相や生年月日から、自分の特徴をとらえて、自分の良い所を伸ばし、ダメな所を改善する。

タロット占いで出たアドバイスを参考にして良い流れを作る。

占いは活かす(参考にする)。

頼るのではなく、活かす!

人生は自分で切り開くものですから、占いを全て信じる必要もないし、占いの通りに動かなくても良いです。

ただ活かしてほしい(参考にしてほしい)。と思っています。

 

占いに来てくれたお客様が、「以前、他の占いに行った時、あなたは結婚できない、向いてない。と言われたので結婚は諦めています」と言っていた方が数人いらっしゃいました。

結婚する事が良いと決めつけていませんが、『占い師に言われたから結婚しない』というのは僕は賛同できません。

その占い師さんも「結婚できない向かない」と投げっぱなしではなく、改善の仕方などを伝えてほしかったなと思います。

結婚できない向かないというからには、それに対する問題点があったはず。

その問題点を理解すれば改善だって出来るでしょう。(問題点が分かるから改善できる)

仕事に夢中になるタイプなら、仕事と家庭のバランスを取る様に気を付けるか、相手が家庭を見てくれる人を探すなど。

相手への理想が高いなら、相手への理想を現実に近づけるか、自分が変わればいい(見合う人になればいい)。

問題点を改善していくのが大事だと思っています。

 

占いは、頼らない、囚われない、活かす!