タロットから学ぶシリーズ
第11回『 魔術師 』

『魔術師(ザ・マジシャン)』

意味は、やる気、スタート、チャレンジなど。

数字が『 Ⅰ 』ですので、これから何かが始まりそうな感じのするカードです。

テーブルの上には、棒、剣、聖杯、金貨、が揃っています。

揃ったからこそ何かやろうというのでしょう。

準備が整ったので、何かにチャレンジできるカードです。

新しい趣味を始めてみる。
前からやりたかった仕事にチャレンジする。
新たな出会いを求めて婚活を始める。
スポーツクラブに入会する。
ダイエットを始める。
マラソンを始める。
資格取得を目指す。

など、新しいことにチャレンジしてみましょう。

 

僕は今から10年近く前にサラリーマンをしながら占いの勉強をし始め、2015年8月にプロの占い師として活動しようと計画していました。

2015年に仕事を退職し8月が近づいてきて、いざ活動しようと思ったとき、タロット占いや手相占いには自信がある(色々な人を占ってきた)けど、四柱推命、九星気学はあまり自信がなかった。

西洋占星術なども勉強しようかな? などと理由をつけて先延ばしにしようとしていた僕に、占いの先生から『タロットと手相は充分勉強したのだから、遠回りせずにやりたい事をやった方が良いのでは?』と問いかけられました。

その時に自分でも、『そうだ!』と気付かされました。
ここに目標を定めていたのにブレる所でした。

まさにその時が、自分にとってのマジシャン(魔術師)の時だったのだと思います。

それから毎日、メトロフリーパスを買って色々な街並みを実際に見て回り、不動産情報を見ながら物件探しを約1か月しましたが、納得いく物件が見付からずにいました。

友人と吉方位へ日帰り旅行へ行った次の日に、やっと納得のいく物件(豪徳寺)を見付ける事が出来ました。

今思えば、僕にとっての準備(タロット、手相、四柱推命、九星気学)は整っていたのだと思います。

 

このカードが逆位置になれば、意味は、準備不足、やる気が出ない、スタート出来ない(中途半端)

準備が整っていないので、今スタートすべきではないのかもしれません。

知識、技術、資金、人材、環境、時期(タイミング)、自分磨き、コネ

必要な物を揃えてからスタートしましょう。

全てが必要な訳ではなく、スタートに必要な物でいいと思います。

例えば、趣味やスポーツクラブを始めるなら、『お金』と『時間』はある程度必要でしょう。続けられないと意味がありませんからね。

それぞれ何が必要か考えて、揃えてから始めると良いでしょう。

中途半端にならないように、時には準備も必要です。

完璧でなくても良い。素材が必要ということです。

完璧(ザ・ワールド)なんてそう簡単に揃いませんから。

 

← 第10回『 女帝 』