毎日暑い日が続いております。

熱中症で倒れる人も多くなってきていますね。

お年寄りの熱中症には、周りの家族が気を付けてあげなければいけません。

年を重ねる毎に、暑さに対して鈍感になり、のどの渇きにも気付きにくくなっていきます。

ただ水分を取るようにと伝えただけでは、本人に自覚ができていないので、自分で水分補給する頻度がなかなか上がりません。

この時期はとくに毎日毎回、周りの家族が声を掛けてあげて下さいね。

一緒にお住まいでなければ、電話で水分を取る様に伝えてあげたい所です。

水分不足になると、血液濃度が上がり、頭の回転も悪くなり、脳梗塞、心筋梗塞のリスクも高くなります。

さらに、昔と気温が違うので、エアコンなしでは厳しい夏になりました。

最近のエアコンはかなり省エネになっていますので、エアコンを付ける習慣も必要でしょう。

お年寄りが熱中症にならない様に、身近な人が気を配ってあげて下さいね。