東風は 21(月祝)まで予約が全て埋まりました  21(月祝)は巫弥香先生お休みです      巫弥香先生の空き状況は直接お問い合わせ下さい

映画『コンテイジョン』がコロナを予見?

まず、医療従事者、保健所の皆様に敬意を表します。

役所の方々も、国会で10万円の給付の話が出てから毎日の様に「いつ給付されるのか?」と問い合わせが絶えないそうです。

 

マスクが流通し始めた感じがします。

先日、稲毛駅前のタピオカ屋さんでマスクを販売していたり、近所のスーパートライアルでもマスクが販売されていました。(ただ割高だったので僕は買いませんでしたが)

マスクがどうしても必要な方は、こちらのサイトを参考に
(これから値段は下がると思われますので焦らなくて良いかもと思います)

 

僕を含め占い師も営業自粛している人がほとんどで、親しくしている占い師『月影ひびき』さんも新宿に自分の占いサロンを経営していますが営業自粛しているとの事。

先日びびきさんとLINEをしていて、映画『コンテイジョン』が今の世界みたいだと教えてもらいました。

僕はhuluで観てみました。

もっと早くみんなが観ていたら、ここまでコロナが広がらなかったかもと思うくらい、教訓となる映画です。

2011年公開の映画なのに、リアルにシュミレーションされていると思います。

ただ映画なので、今の状況よりウィルスが少し強めかも。

中国というキーワードも・・・、内容を書くとネタバレしてしまうので細かく書けませんが。

映画の中のセリフで、「対応不足で多くの人命が失われるより、結果として過剰反応だったと言われる方がいい」とあり、今回はこの気持ちがWHOに足りなかった様に思います。(テドロス事務局長が中国寄りというのもありますが)利権やお金で動いていてはダメですよね。

日本でもパチンコ店の問題が出ていましたが、大阪府知事や東京都知事が動いて営業自粛に持ち込みました。
なぜ国が率先して出来なかったかは国会にパチンコ議員がたくさんいるからかも?
『パチンコ議員』で検索してみてください。(利権、お金、立場で政治が動いてほしくない)

最後の方はグチになりましたが、お時間がある方は映画『コンテイジョン』を観て下さいね。