東風は1(木)の予約が埋まりました    巫弥香先生の空き状況は直接お問い合わせ下さい

小さな勇気

この歳になって恥ずかしい話ではあるのですが、自分から人に声を掛けるのが苦手です。

僕の周りの人からすれば、
「そんなわけないじゃん!」
と突っ込まれそうです。

しかし、今日もこんな事がありました。

AEONの駐車場の定期を買って、そこに車を停めています。

ですので、AEONの店内を歩いて駅へ向かいます。

店内で、視覚障害の男性が白杖で床をトントン。

何か探している様に見えました。

すぐに声を掛ければいいのですが、ここに僕の弱さが出てきます。

(声を掛けても、大丈夫ですと言われるのではないか?)
(そんなに困ってないかもしれない)
(僕が声を掛けたら、方向がわからなくなるかも)
(人に声を掛けられるのが苦手な人かも)
(自分が電車に乗り遅れるかも)

これらはたぶん、声を掛けない理由探し。
その場をやり過ごす為の言い訳。

もう一人の自分が弱い自分に気付く。
(逃げてはダメだ!)

杖の男性の横を通り過ぎてたけど、

振り返り、小さな勇気を出して、

「何かお困りですか?」

と声を掛けた。

すると男性は
「この辺に階段がありませんか?」
見回すと、10m先に階段がありました。

東風
「この先の左にある階段ですね」
男性
「はいそうです」
東風
「じゃあ一緒に行きましょう」
男性
「ありがとうございます。捕まらせて下さい」

と言って、僕の袖口を軽く掴みました。

杖があるから、大丈夫な訳ではない。

周りの状況が見えない不安が、その手から伝わって来たような気がしました。

階段に杖が当たる所まで案内して別れました。

駅まで歩いているとき、
(声を掛けて良かった!)
と、しみじみ思いました。

小さな事ではありますが、小さな勇気を出せて良かったと思います。

周りの人から見ると、簡単にやっている様に思われがちです。

僕も不安はいっぱいあります。

弱い自分を知っているから、自分の尻を叩く事も出来るのだと思いました。