東風の予約状況はホームページトップに    巫弥香先生の空き状況は直接お問い合わせ下さい

体温が低めの人は結構いる

新型コロナが流行して、来店されるお客様の体温を計るようになって、体温がみんな違うなと感じる様になりました。

体温は高い方が、免疫力が高くて健康を維持しやすいと言われています。
理想は、36.5 〜 37.1℃ との事
新型コロナ対策としても、体温が高いほうが有利だと思われます。

普段から35℃代です」とおっしゃる方も多いので体温アップについて取り上げました。

 

まず、体温が低くなる人の原因として、ストレス、疲れや寝不足、ホルモンバランス、自律神経の乱れ、食事筋肉量、栄養状態(極度のダイエット)、生活習慣(入浴かシャワーなど)などがあります。

今回は『食事』について調べました。

体を温めるものとして、生姜、豆類、肉類、根菜類、発酵食品などが良いそうです。

体が冷えるものは、コーヒー、ビール、夏が旬の野菜、南国の果物、緑茶、など

その他に色もあるようで、暖色(赤、オレンジ、黄)は温める、寒色(青、緑、白)は冷える。
例として、赤ワイン(暖)白ワイン(寒)、赤身の肉魚(暖)白身の肉魚(寒)、かぼちゃ(暖)きゅうり(寒)、という様な感じです。

サイトによって多少違いましたが、だいたいこんな感じでした。参考になさって下さい。

 

ここからは個人的な経験をお話します。

僕は若い頃、体温は低い方でした。風邪も引きやすいし今日みたいな寒い日はブルブル震えていた記憶がします。

ずっと低いままだと思い込んでいましたが、毎日検温をする様になって 自分の体温が36.7℃ 前後になっているので驚いています。

これは、僕の生活習慣を改善したからだと思っています。

寒がりな僕は石油ファンヒーター大好き人間でした。
朝起きたらすぐに石油ファンヒーターを付けて、温まってから行動する。
着替えも、石油ファンヒーターで温めてから着ていました。

そんな事をしているから風邪を引きやすいと感じて、悪い習慣を変える事にしました。

寝室に暖房器具を置かないようにした(居間にはありますが)
洋服は冷たいまま気合を入れて着ています(最近は慣れました)
お風呂上がりに、冷水を足と手にかける(後でポカポカしてくる)
布団用の電気毛布を父にあげた(厚手の布団に変えました)

以上です。

僕的には、この習慣が体温の改善につながったのではないかと思っています。

ストレスの軽減、筋肉量を上げる等は大変でしょうから、簡単なことから(風呂上がりに手足へ冷水など)良いと思います。

良かったら試して下さい。

 

2021年4月から、鑑定料金の変更を予定しております。
25分 3900円
50分 6300円
となります。宜しくお願いいたします。

予約状況はホームページトップに載せております。参考になさって下さい。