お客様と話をしていて、『 性善説 』という言葉が出てきました。

 

『 性善説 』

人間は元々、善の素質を持っているという考え方。

(人間が善であるという考え方ではありません)

 

元々、善であるけれども、社会、環境から影響を受けて善にも、悪にも変わるというもの。

ただ、生まれながらに善なわけですから、よっぽど社会、環境が悪くなければ悪人は少ないという事でしょう。

 

逆に、

『 性悪説 』

元々人間は欲望に生きている弱い生き物(悪)。

社会、環境で学び、善を身につけていくという考え方。

 

放っておくと悪のままですから、教育が必要な訳です。

今の世の中、しっかりした社会形成がなされ、教育もされているので、

善の人が多いと思われます。

 

どちらも、なるほどって感じですよね。

思想 考え方、なので、どちらが正しいという事はないと思います。

 

僕の考え方では、『 性悪説 』 の方がしっくり来るような気がします。

 

子供が無邪気に蟻を踏んでいるのをよく見ます。

ただの無知なだけ。

 

周りの人に「 蟻も生きているんだよ 」

と教えてもらい、殺すことは良くない事を学びます。

 

相手の気持ち、痛み、は経験を積むことで身につけ成長し、

善になっていくのではないかと思っています。

 

徳が高い人 = 『 善 』

無知 = 『 悪 』

 

もっと経験を積み、徳を積み、

更なる 『 善 』 を身につけたいと思います。

 

占い東風LINE友達申請