昨日の記事 『 開運の為に祐気取りへ 』 の質問がありましたので、もう少し説明させて頂きます。

 

祐気取りとは、九星気学の開運法です。

 

九星気学とは、生まれた年によって、

 

一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星、

 

に分けられます。

 

(細木数子さんの六星占術とは全く違いますので注意)

 

さらにそれらは方角も表します。

t02200124_0800045013496503331
一般の地図と違って、北が下、南が上、東が左、西が右。

 

そして、それぞれの部屋には名前があり、

 

北(坎宮)、北東(艮宮)、東(震宮)、南東(巽宮)、

 

南(離宮)、南西(坤宮)、西(兌宮)、北西(乾宮)。

 

八方除け、八方ふさがり、とはここから来ている。

 

来年2016年は、二黒土星の年です。

 

二黒土星の人が八方除けをする年となります。

(僕は厄除けはやっていたが、八方除けはしたことがなかった)

 

ただし、星の切り替わりは、四柱推命も九星気学も、立春で年が変わります。

 

年によって変わりますが、2月4日前後で切り替わる。

 

なので、1月生まれの人は前の年の星になるので注意。

 

宮にはそれぞれ意味があります。

 

北(坎宮) 一白水星  健康、体力など
t02200124_0800045013496519331

 

北東(艮宮) 八白土星  不動産、相続など

t02200124_0800045013496519330

 

 

東(震宮) 三碧木星  新しく芽を出す、運気を変えるなど
t02200124_0800045013496519332

南東(巽宮) 四緑木星  ビジネス、結婚など

t02200124_0800045013496522524

 

 

南(離宮) 九紫火星  出世、名声、商売繁盛など
t02200124_0800045013496522525

南西(坤宮) 二黒土星  家庭運、穏やかさ
t02200124_0800045013496522523

 

西(兌宮) 七赤金星  恋愛、財運など

t02200124_0800045013496526854

 

 

北西(乾宮) 六白金星  経営、昇進、株、など
t02200124_0800045013496526855
中央(中宮) 五黄土星 は中心。

(方位ではないので)

 

写真は昨日行った、千葉神社のものです。

この中から自分の必要としている方位に行って、良い気を拾ってくるのが祐気取りです。

 

しかし、注意しなければならないのが、時期です。

 

悪い時期に行っても意味がないので、良い時期に行くのです。

 

それを、年、月、日、時間、それぞれ悪い時期を外して行くわけですから、大変なのです。

 

僕の先生からの教えは、生まれた年月日時と照らし合わせて、探していきます。

 

結構な作業となります。

 

ただ、その分ご利益はあるのではないかと思います。

 

まとめると、自分の家から見て、自分が欲しいものがある宮の方角にある神社へ、

 

良い時期(年月日時)に行って、お参りをしてくる。

 

さらに、その神社に落ちている小石を一つ頂いてくるとさらに良い。

 

お賽銭は5円、10円とかではなく、最低でも100円以上が望ましい。

 

祐取りについては、それぞれの流派によって違いがありますので、

 

この方法がすべてではありません。

 

占い東風に来て、「祐気取りをやりたい」

 

と急に言われても、探し出すのにかなり時間がかかります。

 

 

祐気取りは別料金となりますので、ご了承下さい。