占いの種類
(命 卜 相)

占い東風では、手相タロット四柱推命九星気学(方位)、を使って占います。

お客様から「何がどう違うの?」「どれが当たるの?」と聞かれる事があります。

逆に、占いなのだから、どれでもいいのでは?と思う人もいるでしょう。

 

なぜ違う占いをいくつも使うのか説明させて頂きます。

占いを大きく分けると、命・卜・相(めいぼくそう)の3種類となります。

命術(めいじゅつ)は、四柱推命九星気学

卜術(ぼくじゅつ)は、タロット占い

相術(そうじゅつ)は、手相

 

命術とは、生年月日を用いて、時の流れに沿った運命を占います。

卜術とは、物を用いて何が出る?(サイコロを振って何が出るか)という様な、運気を調べるのに長けている占い。

相術とは、物の形から占うので、秘めた力、性質などを占います。

 

何を見て占うかも違うし、占いの考え方が全く違うのです。

 

分かりやすく、例を上げて説明します。

【 恋愛について占う場合 】

命術(四柱推命)で占うと、2018年は恋愛運が高いですね。特に7月は出会う確率が高くなっています。この時期は積極的に異性と関わっていくと良いですよ。

卜術(タロット)で占うと、コミュニケーション力のある男性と、すぐに出会えると思いますが、付き合うまで時間が掛かりそうですよ。

相術(手相)で占うと、言う事を聞いてくれるような優しい男性が合うと思います。年下も良いかもしれませんね。外国の方でも良いかと思います。

 

という様に、それぞれ違う方面からアプローチしていきますので、多面的に占う事ができます。

得意分野が違うので、どれが当たるかと言われると難しい問題ではありますが、それぞれ得意分野、不得意分野がある訳です。

それに加え、占い師さんによっても得意な占術があります。

占い東風では、どの分野も力を入れておりますが、リピートのお客様や、お店に対する感想を参考にしますと、タロット占いの評価が高いような気がします。

とはいえ、色々な角度から占うのをおすすめしています。