占いの種類は基本的に3つに大きく別れます。

命術、卜術、相術

命術

生年月日から占うもので、一生変わらない宿命をみて、その人の性格や、長所や短所を判断します。

さらに流年(時期)と照らし合わせ、その年の吉凶判断や、結婚する時期、などを出していきます。

四柱推命(生年月日と万年歴で)
九星術(生年月日と万年歴で)
紫微斗数
西洋占星術(ホロスコープを作ります)
数秘術

等があります。

o0800045013459726767
こちらは万年歴です

その他に有名なのが、
六星占術(細木数子)、
動物占い(四柱推命の十二運をアレンジ)

等があり、これらはオリジナルなものなので、一般の占い師は使いません。

(四柱推命、西洋占星術などは生まれた時間も重要になってきますので、
母子手帳などで確認しておくと良い)

卜術

意外と身近にありますよ。

無作為に、物を転がしたり、選んだりした時にどうなったか? 何が出たかで占います。

タロット(カードを並べる)
ルーン(文字の書かれた石を取る)
断易(サイコロのような物を転がす)
おみくじ(神社、お寺)
o0800045013459726801
こちらはタロット。

子供の頃に、
「あーした天気になーれ」とクツを投げて明日の天気を予想する。

どっちにしようか迷ったら、「どちらにしようかな……」で選ぶ。

これらも卜術です。
身近でしょ。

相術

物の形から判断します。

手相(手のひらの線の方向や長さ)
人相(顔や体の特徴)
家相(玄関の向き、トイレの位置)
風水(鏡の配置、花を置く、色彩)
姓名判断(画数、五行、音)

家相、姓名判断は、
家を建てる前や、子供の名前を付ける前に見てもらうと特に良いでしょう。

風水は自分で変えることが可能なので、開運占術とも言われます。

手相、人相は、変わらないと思われがちですが、結構変わるもので、考え方が変わったり、転職して働き方が変わったりすると、線が増えたり、形が変わったりします。もちろん急激に変わるわけではないですが。

さらに占いの世界にはもう一つ

霊感占いがあります。

最近はスピリチュアルブームです。

オーラ
前世
守護霊
予言

などが注目を集めています。

僕の手相は、頭脳線が霊感へ伸びていますが、オーラや守護霊までは見えません。

その他にも種類はありますが、一般なものを紹介させて頂きました。

手相、タロットに興味がある方は、ぜひ一度「占い東風」へいらして下さい!