一般的に正月が一年の切り替りとされています。

しかし占いの世界では違います。

 

僕が勉強した、四柱推命や九星気学などの東洋系の占いでは、年の切替りは立春です。

立春は2月4日前後です。(2月4日固定ではありません)

 

例えば、2016年は2月4日。

一番近い過去で1984年が2月5日、

未来では2021年が2月3日です。

 

細かい時間も決まっています。

2016年は、2月4日18時46分でした。

 

時間は毎年違うので、僕ら占い師は『万年歴』という暦表を使います。

万年暦

 

僕が普段使っているのは8,000円です。

持ち歩きようにいつもカバンに入れているハンディタイプでも6,000円です。
(高いから大切に使わなきゃ)

 

なので、占いの世界では1月1日から立春の間に生まれた人は、前の年の干支となります。

 

さらに月の切替りが節入りとなります。

節入りは、立春や立夏、立秋、立冬、大雪などが有名なところですか。

 

節入りは月の始めの方にあり、だいたい4~8日にあります。これも毎月違いますし、毎年変わります。

ですから、3月は運気が良いと言った時に、厳密に言うと、2016年は3月5日12時43分~4月4日17時27分の間です。

 

これを習った時に、西洋占星術の星座の切替えについても軽く教わりました。

生まれた日が21日前後の人で、自分の星座がどっちかわからない。と言っている人がよくいます。

雑誌によって、うお座だったり、おひつじ座だったり。と言っているのを聞いたことがありました。

 

これも毎年変わるのです。だから本によって違うのです。雑誌はそこまで細かく書きませんからね。

 

星座の切替は中節です。

中節は、春分や夏至、大暑、秋分、冬至、大寒などが知られていますね。

月の後半にあり、19~22日位にあります。

これも、その年、その月で違いますし、時間で切り替わります。

 

例えば2016年3月の中節は、20日13時30分。

今年の3月20日に生まれた赤ちゃんでも12時に生まれた赤ちゃんは、うお座。14時に生まれた赤ちゃんは、おひつじ座になる訳です。

細かくきまっているんですね。