僕の家族は占いが好きなので、僕も子供の頃から占いは身近に感じていました。

中でも家相(風水のようなもの)にはこだわっていました。

なので、個人的には占いはとても身近に感じています。

出かけた時に手相をやっていたら、見てもらったり、会社を辞めた後などは、成田山新勝寺にある占い所へ行ったり(成田山新勝寺はパワースポットで紹介しています)、近くの有名な占い師さんに相談しに行ったりしていました。
銀座の母も何度か行きました。銀座の母は中央区銀座にある占い店で、新橋駅から歩いてすぐです。ホームページはこちら

 

僕の中での占い師さんの印象は、生年月日と名前を伝えると、今はこういう時期だからこうすると良いですよとか。

手相を見て、真面目すぎるから、もう少し力を抜いて仕事に取り組むと良いですとか。

就職を探すなら、この方角で探してみてはどうかとか。ご先祖様への感謝の気持ちを忘れないようにとか。良いアドバイスをもらいに行く場所、という感じです。

 

僕が占い師になってから、 「 占いをやっています 」 と伝えると、「 なんか恐いわ 」 と言われる事がたまにあります。

たぶん、細木数子さんの 「 地獄に落ちる 」 とか 「 大殺界 」 とかの印象もあるだろうし、芸能人を洗脳する、『 自称占い師 』 が何件か話題になったからだろうと思っていました。

 

しかし、僕の所に来てくれるお客様でも、「 あなたの行いが悪いから、家族が苦労する。 反省しなさい 」 と言われたとか。

「 手相を見せたら、ガンです 」 と言われ、眠れなくなった。という人までいて、恐い占い師もいるんだなって思いました。

 

恐い占い師というより、ひどい占い師っていうんでしょうかね。

僕が会ってきた占い師さんとはちょっと違う感じがしますが、こういう占い師さんもいるんですね。

こういう占い師の話を聞いた人は、占い師は恐い。って印象になるのでしょう。

 

でも安心してください。占い東風は恐くないですよ。

お客様が笑顔で帰れるように頑張っています。

 

僕が占い師になってから気づいたこと。

それは応援する気持ちが大事。

お客様を応援したい。

この気持ちを忘れないように頑張ります。