タロット占いを勉強し、実際に友人の相談を受けて占っていた頃、

とても当たっている時と、全く的外れな答えが出る時、二つに別れる事があった。

なぜ当たる時、当たらない時が出てくるのだろうか?

僕の先生から言われていたことは、自分のルーティーンを崩さない事。

すなわち、シャッフルの仕方、カードの切り方、カードの配り方など、自分の流れを崩さない事です。

確かに始めの頃は、ぎこちなくてすんなり配るまで行かないこともありました。

しかし、何か違う要因があると思っていました。

ある時、全く調子が良くない時期があり、初心に戻ろうと冷静にひとつづつ丁寧にやってみた。

するとピタッとうまくハマった。

何が違ったのか?


それはシャッフルの時間です。

それから、シャッフルを丁寧に時間をかけるようになった。

以前よりだいぶ良くなったが、まだ何かが足りない。

ある日、友人を占っていた時に、軽く占うつもりでやったことがあり、

その時の感じがとても入った感覚があり、カードを並べ読み解いていくと、

とてもシックリ来たのです。

ここにヒントがあると思いました。

シャッフルに時間をかける。さらに、あまり意識を込めずにシャッフルする。

これを実践していくと、とても良い占いが出来るようになった。

さらに練習を繰り返すうちに、シャッフルの時に『 無 』になる時が必要だとわかった。

相手と会話をしてシャッフルをしても、一度『 無 』を挟まなければならない。

それからは、シャッフル中に『 無 』の時間を組み入れるようにした。

すると、不思議と的中率もアップし、自分の中でもシックリくるようになった。

それからは、短時間でも『 無 』に入れるようになったので、

すんなりと占えるようになりました。

しかし、相談者が話をしていたりすると、なかなか『 無 』に入れない事があります。

そういう時も『 無 』に入れるまでいつまででもシャッフルを続けます。

相談者の話が止まりそうも無い時は、話を耳に入れず『 無 』になれるようになりました。

ただ、『 無 』の状態の時は、相手の話も全てシャットアウトしてしますので、

シャッフルが終わってから、もう一度話の内容を聞くようにしています。

シャッフルの時はお客様の相談内容も全て忘れます。

最後に、相談内容を頭に思い浮かべながらカットする。

シャッフル中に一瞬でもいいので『 無 』を入れる。

これが僕の大事なルーティーンです。

もし的中率が安定しないと感じている方は、

シャッフル時の『 無 』を取り入れてみてください。