タロットから学ぶシリーズ、第3回。

今回は『愚者(ぐしゃ)フール』

フールは、持っている荷物が少なくて、責任も無いし、お気楽で自由なカード。

「 な~んにも気にしないよ 」と聞こえてきそうです。

何も無いからこそ動きが軽く、ふらりと旅にも出掛けます。

持ち物やお金はほぼゼロ、可能性は無限大という事です。

 

もしも、自分には何もないと嘆いているのなら、逆にそれを利用しちゃいましょう。

何もないからこそ、動きやすい。

 

友達が新築の家を買って羨ましい → 自分は好きな時に自由に引越しできる。

周りのみんな結婚してしまった → 自由な時間がたくさんあるから資格でも取っちゃおう。

正社員になれない → 自分で事業を始めちゃおう。そのために勉強してみる。

など、本来はウィークポイントだと思える「 地位もお金もない状態 」をプラスに考える事で、この先の可能性が無限大に広がっていきます。

 

自分には何もないと嘆くのではなく、何もないからこそチャレンジ出来るんですよ。

 

← 第2回『 皇帝の逆位置 』へ

第4回『 力 』へ →