タロットから学ぶシリーズ、第一回。

『 吊るされた男 』(ザ・ハングマン)

『 吊るされた男 』は、お客様から逆位置と勘違いされますが、この位置が正位置です。

さかさ吊りの刑です。

悪さをしたのかも知れませんし、無実の罪かも知れませんが、状況的にかなりしんどい。

身動き出来ないし、血が頭に上る。

でもなぜか、彼の頭が「 ピカー!」っと光っています。

何か閃いた様です。

たぶん、しんどいけど時間はたっぷりあるので色々と考えていたら、名案が浮かんだのでしょう。

この状態から脱け出す方法か?  刑が終わってから何をすべきか?

このカードは一見、悪いカードの様に見えますが、そうとも言い切れないカードです。

人生には、しんどい時、があります。

その状況を嘆くだけで終えるのか。(不平不満で終わるのか)

逆にそれを今後に活かすのか。(逆境をバネにする事が出来るか)

いわゆる、試練の時。

壁にぶつかってそこで諦めるか、その壁を越えようとするのか、それが人生の分かれ目です。

壁を越えることが出来れば、人生をランクアップ出来るのです。

しんどい時がチャンスだと思って頂ければ幸いです。

レベルアップの1歩手前ですよ!

あともう一つ。

頭が光っている = 希望が見える。

目標、目的、夢がある苦労は、そこまで苦しくない。

同じ状況で、目標、目的、夢がなければ苦しく感じる。

ああなりたい。こうなりたい。を持っておくと少し楽に感じることが出来ますよ。

あきらめないで!  真矢みきさんかい(>_<)

 第2回『 皇帝の逆位置 』→