タロットカードから学ぶシリーズ、第7回。

『 世界(ザ・ワールド) 』

タロットカードの中で、最強と言われています。

意味は、完成、パーフェクト、完璧、完全勝利など。

 

カードの四隅に、四大元素(火地風水)の精霊がいて、中央にいる女性は、男性器もある(両性具有)と言われている。

すなわち、パーフェクトです。

ジョジョの奇妙な冒険という人気コミックでも、最強のボス(ディオ)が『 世界(ワールド)』でした(過去のブログを参照)

リピートのお客様から、「前回来たときに彼氏が出来ますよ。と言われたんですが、本当に出来ました」

と言われて前回のカードの配置を見ると、近未来か結果の位置に、『 世界(ワールド)』が正位置で出ていた事が多い。

やはり最強のカードです。

元々、最強のカードとは思っていましたが、タロットを実践していてもその強さを実感する事になっています。

 

ただし、『 世界(ワールド)』がアドバイスで出たら、全力で取り組め、完璧にするなど、かなりの頑張りが必要となってきます。

完璧とはなんだ?    一生懸命やっている人はこれ以上どうすれば良いのか?

それは、四大元素(火地風水)が語っている様に、全てが揃うという意味でとらえる。

恋愛であれば、お見合いパーティーだけ頑張るのではなく、友人から紹介してもらえないか?  親戚に相談してみる、同窓会に参加してみるとか、1つを一生懸命やるよりも、視野を広げて活動しましょうとアドバイスをしています。

就職活動であれば、ネット検索だけではなく、ハローワークに行ってみたり、気になる職場に直接連絡してみたり、親や友人のコネをあたってみたり、多方面に活動するのも考えて下さいとアドバイスをします。

一般的に、オールマイティーで器用貧乏になるよりは、オリジナリティーを高め得意分野に特化した方が、世の中で自分の強みを活かして活躍しやすいのですが、

時と場合によって多方面に目を向けた方が良いこともたくさんあります。

 

僕は、仕事を一生懸命やる = 体を使い、頭も使い、コミュニケーションなども大事にする事だと思っています。

体を酷使して頑張っている事は素晴らしい事です。

しかし仕事として捉えれば1つの事しか出来ていないと言うことです。

体もつかって、頭も使って、周りとの連携を考えてこそ、良い仕事が出来る訳です。

 

僕自信も忘れがちになる事ですが、こういったブログを書くことで、自分を見つめ直す事が出来ます。

『 世界(ワールド)』が足りない何かに気付きなさいと教えてくれている様です。

 

← 第6回『 運命の輪 』へ

第8回『 死神 』へ →