子供のころ体調が悪ければ、親が心配してくれて病院に行ってきなさい。と言ってくれた。

学校で勉強についていけない時は、先生が補習授業をやってくれた。

大人になると自分から動かなければいけません。

体調が悪ければ自分で判断し会社を休み病院へ。

仕事について行けないと思えば、自分で本を買って勉強するか、先輩に教えを乞う。

『誰か助けてくれるわけはなく、誰も導いてはくれない』

冷たい言い方かも知れません。

待っていても何も変わりません。

早く気付かなければいけません。

でも世の中が冷たいわけではありません。

自分が行動すれば、助けてくれる人がたくさんいます。

人に相談する。助けを求める。

友人、先輩、上司、親、兄弟、親戚など。

精神的にどうにもならない時。
精神科、心療内科、カウンセリングへ。

金銭的にどうにもならない時。
役所へ相談に行く、債務整理、生活保護も検討する。

大人になると、自分は孤独だ、誰も助けてくれない、と感じる事もあります。

それが現実なのかもしれません。

ただ待っていても、何も変わりません。

少しだけ勇気を出して、誰かに相談しましょう。

出来るだけ親身になって話を聞いてくれる人に相談しましょう。

その人への感謝の気持ちを忘れない。

聞いてもらえるのはありがたい事。

そして自分も親身になって話を聞いてあげられるように。

自分で動かないと、環境も変わらない。
まずは相談から始めましょう。