いつも通りに起きて、通勤して、働いて、帰宅して、寝る。

少し視点を変えて、何気ない癒しに気付けることが出来れば、人生が少し楽しくなるでしょう。

散歩をしている犬、お母さんと手を繋ぐ子供、道端に咲く花、青い空、流れる景色、おしゃれなお店、爽やかな風

そんな風景、そんな感覚を感じる事が出来る。

 

僕は毎日、時差通勤なので、ちょうど座れない位の乗車率で混雑はしていません。

7日(火)は、13時からの予約がなかったので、いつもよりゆっくり家を出ました。

いつもより20~30分遅い電車で、乗り換えを意識せず先頭近くに乗ると、かなり空いていて座席もガラガラです。

端の席には座らず、中央よりの席に座りました。

いつもなら、スマホか本を読むところですが、たまにはボーッとしてみようと窓をみると、素敵な景色が見えました。

みんな端に座るので、窓がパノラマビューの様になっていました。千葉市と習志野市の境界辺りは畑もあったり、のんびりした景色が見れます。

この後も、市川辺りは高架になるのでもっと良い眺めです。

いつもと違う行動で、こんなラッキーな気分になれるんだなって思いました。

僕みたいに遅い時間に通勤している人は少ないとは思いますので、ここまでは難しいとは思います。

もし、窓側に立つことがあれば、たまにはスマホをやめて窓の外の景色に目をやるのも良いかと思います。

時間がもったいないと思うかもしれませんが、精神衛生には良いでしょう。

その他にも、視野を広げて小さな幸せを探してみて下さいね。