夏になると熱中症の話題が多くなります。

倒れた人がいたら日陰に連れていき、

冷えたペットボトルを脇の下に挟む。
首もとを冷やす。

というのが基本だと思っていた。

この方法は、血流によって冷やされるので、ゆっくり冷えていく。

これも間違っていないのだが、
体をなるべく早く冷やす必要がある。

それよりやってもらいたいのは、
体を湿らせ、みんなで扇いであげる。

水分の気化により熱が奪われます。

水より効果的なのがアルコール。

バーベキュー等であれば、水割り用の焼酎を使うと冷却が早い。

本来なら霧吹きがあると良いが、そんなものはない。

緊急事態であれば、焼酎を口に含んで霧吹きの様に手や足にかけると良い。

意識があれば、水分をとってもらう。

水分の吸収が早い、経口補水液(OS-1)等を持っていると更に良い。

アルコールを飲んでいる時は、水分補給をしている様な気がするが、体にとっては水分補給になっていないそうです。

夏のイベント(フェス、バーベキュー、海水浴)など、野外でアルコールを飲む機会が増えます。

熱中症は重症になると命を落とす事もあります。

駅のホーム、道路等で倒れれば、事故の可能性も出てきます。

特に年齢が上がると、喉の渇きに鈍感になるそうです。

喉が乾く前に、水分を取るように心掛けましょう。

占い東風LINE友達登録