今は、禁煙するのに病院で保険を使って治療する時代になりました。

 

たばこを吸わない人間からすると、「 なんで禁煙するために、健康保険が適用されるの?」と言いたくなりますが、たばこを吸っている人は、『 ニコチン依存症 』 という病気だと認識すると良いでしょう。

 

ウィキペディアで、ニコチン依存症を検索すると、『 自らの意思で禁煙をすることが困難になった精神疾患を指す 』と書いてあります。

 

さらに、ニコチンの依存性の高さについても説明されていました。

 

これのブログを読んでいる人の周りにも、何度も禁煙を試みて失敗している人がいるかもしれません。

 

喫煙していない人から見ると、「 辞めればいいじゃん 」と思うかもしれませんが、辞めれないのです。

 

実は僕も、学生の頃に喫煙をしていました。

自宅でたばこを吸いすぎて、頭が回ってどうにもならない事も経験しました。

 

しかし、今は吸っていません。

吸わないと決めてから、絶対に吸わないと決意したからです。

そしてその頃は、周りにたばこを吸う人も少なかったので、たばこの誘惑も少なく、確実に辞める事が出来ました。

 

たぶん、禁煙に失敗している人の多くは、周りに喫煙する人がいるというのは大きいと思います。

失敗している人の多くは、お酒の席で友人からたばこを差し出され、一本だけだ、と吸ってしまう人。

 

一本吸ったら終わりなのです。

 

僕は役者を目指していた頃があり、演技の中でたばこを吸うシーンがありました。

数本吸っただけなのに、それから一週間ずっとタバコが吸いたいと思ってしまって、10年以上も前の事なのに、体が覚えているのにはビックリしました。

 

その一週間で、もし一本吸ったら今までの10年が無駄になると、自分に言い聞かせていました。

 

もしかすると、依存症って一生ついてくるのかもしれません。

 

それでも禁煙を成功させる人は、辞めなければいけない強い理由がある。

もしくは、とても固い意志を持っている人だけなのではないかと思います。

 

禁煙に成功した人の例として、

 

子供が生まれるから、子供の為に辞める。

自分が重い病気と診断され、辞める決意をする。

親友が禁煙に成功したのを知って、自分にも出来ると決意をする。

(いつもいる仲間が吸わないのは大きな要因の一つだと思います)

 

禁煙に失敗する人は、

 

明日から禁煙する。という人。

念のためといって、タバコとライターを保管している人。

一本だけなら吸っても大丈夫だと思っている人。

禁煙トライ中にお酒の席でタバコを吸う仲間がいる人。

 

ニコチン依存症は、精神疾患でもあるそうなので、心の問題と環境の問題があるのかもしれませんね。

 

最近分かったこと。それは、『 たばこ臭い 』 という言葉。

特に、女性や子供からよく言われる言葉だと思います。

 

僕は、周りにたばこを吸う人がいたり、パチンコ屋に行っていたので、たばこ臭いって言ってもそこまで、不快に思ったことは無かった。

 

しかし、今の環境で、たばこを吸う人がほとんどいない。パチンコ、スロットも全くやらなくなった。

 

『 たばこ臭い 』 の意味がよくわかるようになりました。 本当に臭いんだと。

 

たばこは辞めなければならない物ではありませんが、本当に辞めたいと思っている人は、禁煙外来を活用してみてはどうでしょう?