人生には、運気の波があり、色々な事がうまく行く時、何をやってもうまく行かない時、誰にでもあります。

運には波があるけど、波全体を高くすることも、波全体を低くしてしまうことも、あると思っています。
(運気の底上げ、底下げ)

 

運気が悪いとき、自分で何とか抜け出そうとする。

その時、何をやっても上手く行かないために、やけになって無茶な事をやってしまう事があると思います。

会社を退社する。ギャンブルに大金を使う。意識がなくなるまで酒を飲む、暴飲暴食をする、など。

運気が悪いので、後手に回りやすい。

次の就職先が見付からない、ギャンブルで大損する、酔いの勢いで人に迷惑をかける、暴飲暴食で体調を崩す、など。

それを繰り返すことにより、気持ちが腐ってしまい、運気が良くなった時に、行動を起こせず、良い波に乗れない。という事になりやすい。

 

運気が良い時、人はこの状態がいつまでも続くと自分の実力だと勘違いしやすい。

調子に乗ってしまい、周りに迷惑をかけたり、悪い習慣を身に付けたりしてしまう。

運気が下がった時に、一気に落とされてしまいます。

 

そうならないために、運気が悪いときはそれを受け止め、そんな時もあると心得て、無理に動かない、腐らないようにする。

運気が良くなった時には、運が味方してくれている。自分の実力以上の事が出来ている事を忘れない。感謝の気持ちを忘れない。

運気の波全体を下げないようにしたいです。

 

運気の波全体を上げていくためには、運気が良くなった時に行動をする。好転させていく。
これを繰り返していく事だと思います。

イメージ的には、やる気がありさらに冷静で、集中力が上がっている時。
こういう状態の時は誤った判断をしにくい。

行動をする事とは、新しいことにチャレンジする。

これは毎回僕が言っている運気アップ法。
日常に無いものに触れること。

習い事を始める、行ったことのないお店に行く、やったことのない事(スポーツ、趣味など)をやってみる。

大きな事では、転職、引越し、結婚、などは運気が良い時を見極めたいところです。

 

運気の波全体を底上げするのは、簡単にできる事ではありません。

 

運が悪くても腐らない。運が良い時には感謝の気持ちを忘れない。

そしてやる気がある時、前向きに考えることが出来ている時、行動する、決断する。

それがよりよい人生を導く方法ではないかと考えています。