誰のために仕事をしているか?

いろいろな意見があると思います。

 

「 自分のため 」 と言う人もいるでしょう。

「 家族のため 」 と言う人もいるでしょう。

「 会社のため 」 と言う人もいるでしょう。

「 お客様のため 」 と言う人もいるでしょう。

「 世の中のため 」 と言う人もいるでしょう。

 

よく言われているのは、働いてお金をくれるのは、会社ではなく、お客様。

お客様が満足してくれるから、会社にお金が支払われ、会社が社員にお金を払う。

 

なので、

「 お客様のため 」 に仕事をしている。という意識を忘れない様にしたい!

 

自分がどんなに一生懸命仕事をしても、お客様が満足しなければ、意味がない。

と言うことは、仕事の上で、自己満足な一生懸命は、一生懸命といえるのだろうか?

 

これは自分のこだわりを捨てろと言う事ではない。

お客様を意識していない仕事は、需要を生み出さないという話です。

 

需要がなければ、働いている意味がなくなってしまう。

最終的には自分のためにもならない。

 

占いの仕事も、お客様に満足してもらうこと。

占いが当たるというのも大事ですし、応援するという気持ちも大事です。

 

どうすれば、これから良い人生になるか一緒に考える。

どうすれば、この悩みが減らせるのか一緒に考える。

 

占い師によっては、お客様に説教をして、お客様を落ち込ませてしまう人もいるようです。

「占いの結果ではこうなっているのに、そうなっていないのはあなたの努力が足りない」

と他の占い店で言われたというお客様が何人もいらっしゃいます。

それによってショックを受けて泣いてしまった。なかなか眠れななくなった。という人もいました。

これはお客様の満足を満たしていると言えないと思う。

 

せめて、こうしていくと良いかもしれません。的なアドバイスがあれば良かったのに。

どんな仕事も、自己満足で終わらないようにしたい。

 

お客様のために、自分は働いている。という意識を忘れない様にしたいですね。