昨日、参宮橋へ友人の舞台を観に行ってきました。
と書きました。

テーマが夢だったのですが、考えさせられる内容でした。

昔から、夢は持っていた方がいい。
と言われます。

この舞台をみて僕が痛感した事。

それは、夢を持ち続けるだけではダメ!

夢を持っているだけで満足していてはダメ!

夢を見るのは誰にでも出来る。

しかし、確実にその夢に向かって、先の見えない道を歩くのは勇気のいること。

もしかしたら、同じ道をグルグル回る事もあるし、行き止まりに向かって歩いているのかもしれない。

だから、夢をあきらめることも大事だし、
夢に向かって歩いて行く勇気も大事。

全て自分の責任。

僕も、色々な道を歩きました。

営業を経験し、プログラマーやSE、
ドコモショップ社員、運送(自営)、
役者(ほぼエキストラ)、工場のラインリーダー。

逆にいうと、その色々な経験が、占いの仕事に活きている。

一緒に行った友人から、東風さんは占い師が夢?

と言われましたが、

僕の夢は、自営であり、そこに占いが重なり、
自分の占い店が繁昌する事が夢。

20代は優秀なサラリーマンになるのを目標に頑張ってきた。

でも30才になって、運送の仕事を始めた。

自営の仕事で、毎日行く場所も違うし、日によって給料が違う。

仕事をもらえなければ稼げない。

それは、自分が頑張れば、その分給料にはね返る。

以前も営業は歩合があり、成績で給料が違うのですが、自営はさらに上。

自営は全てが自己責任。

自分の実力のみで働く事に、とてもひかれていった。

そんな時、仕事が少ない時期にエキストラを経験して、演技にも興味を持った。

俳優は自分の実力だけで働く世界です。

自分も挑戦してみたいと思いました。

運送で、休みなく働き、お金を貯め、演技の学校へ。

俳優の仕事をしたくても、エキストラの仕事、cmのオーディション、友人の自主映画、など収入は雀の涙。

貯蓄は底をつき、自分に自信をなくしてしまった。

アルバイトをしながら、オーディションをやろうとしたが、アルバイトのリーダーになりオーディションどころではない。

何のためにアルバイトをしているのか分からなくなった。

その頃、年齢は37才。

自営には憧れているが、俳優の道も厳しいと理解した。

そんな中、昔から好きだった占いで仕事が出来ないかと考え始める。

手相の本を買い、占いの学校へ体験入学し、そこでタロット占いの凄さを痛感した。

占いの学校に通うために、工場に派遣で働いた。

その工場で正社員にしてもらい、とても良い同僚に囲まれ、上司にもよくしてもらいました。

このまま『 夢 』を諦めて、この職場で退職まで働けば、両親も安心させられるし、婚活して結婚も良いかなって考えました。

でも、後で後悔したくない。

結婚したら、夢にチャレンジするのは難しいでしょう。

結婚する前にチャレンジしたい!

自分の占い店を持ちたい!

大殺界が終わり、後厄が過ぎる2015年に向けて頑張る。

人間は、直前になると臆病になる。

2015年8月を目指して動いて来ました。

43才になった。

会社は辞めたが、西洋占星術も勉強しようかな?  なんて、自分の逃げ道を作ろうとしていた。

そんな時、手相の師匠が僕の手をみて、

「君は遠回りする性格。
タロット占いはかなり前から勉強しているんだから、仕事にしたいと思っているなら、動きなさい 」

と言われました。

背中を押されました。

逃げちゃダメだ! 逃げちゃダメだ!

次の日から物件探しに動き出しました。
ネットで調べて、色々な街に行きました。

街の雰囲気、店の家賃、客層、入りやすさ、メトロ一日券を買って、ほぼ毎日歩きました。

程よい物件はあるけど、妥協が出来ない。

諦めかけていました。

8月が終わりになる頃、友人と車で出掛ける事になり、

その日の吉方位だった南へ出掛けました。

千葉県の館山、白浜へドライブ。

翌日だったと思います。

豪徳寺の物件を見付けました。

豪徳寺には行ったことが無かったし、かなり遠いと思ったけど、問い合わせして、物件を見せてもらいました。

悪くない。

街の雰囲気を見るため、住宅地の方へ行ったり、1日かけて歩き回りました。

ここにしよう!

2015年8月の末でした。

2015年9月26日にプレオープン、
翌日に本オープンする事が出来た。

まだまだ、夢に向けて走っているところです。

お店を出すことが夢ではない。

まず自分の店を軌道に乗せる。

そして同年代の給料に追い付く。

将来的には予約でいっぱいになるくらいにしたい。

夢に向かって動き出したばかり。

まだまだ修行は続きます。

皆さま、応援よろしくお願いいたします。