Instagramでフォローしている人の写真が地震雲なのか、線状になっていて、気になって調べてみました。

その人の写真は、21日(鳥取地震のすぐあと)に北名古屋市で撮影されたものです。

地震雲掲示板というサイトで、ほとんど同じ様な形の雲が、同じ日に、愛知県小牧市、岐阜県土岐市、でも撮影されていました。

断層を調べると、その辺りには笠原断層があるよう。

でも断層っていたる所にあるし、素人の推測なのであまりあてになりませんけどね。

東日本大震災以降、僕の住んでいる千葉県では、小規模だけどちょくちょく地震が起きています。

なので、ペットボトルの水、お菓子を車や、店に置いておく様にしています。

大規模な地震が起きると、交通網がやられて歩いて帰らなければいけない。

電気が止まれば、寒さ対策も必要。

スニーカーなどの歩きやすい靴を、会社に置いておく。

寒さ対策にダンボールを取っておいたり。

新聞紙を体に巻くと温かいと言ってました。

飲み水の確保。

予備電池の確保。

他にも地震の備えは、いつでも準備しておいた方がいいでしょう。

忘れた頃にくると言いますしね。

もしも建物が倒壊して、閉じ込められた時には、笛があると良いらしいです。

何日も閉じ込められると、大声で助けを呼ぶのは体力を消耗するそうです。

笛は吹くだけで大きな音が出るし、体力もそこまで消耗しないとの事。

笛を置いておくのも良いし、小さな笛のアクセサリーなんかあると良いかも。

最近、日本で地震が多くなったような気がします。

後悔先に立たず。
備えあれば憂いなし。