お客様の知人の役員さんの話。

大きな会社の役員さんで、50才を過ぎているそうですが、毎日100回腹筋をしているそうです。

その方は役員であるのに、自分で現場に関わり、営業マンとして動くそうで、
営業マンがお腹が出ていたら終わりだと言っていたそうです。

営業マンは会社の顔。

お腹が出ている営業マンは、だらしない印象を与えてしまうのでしょう。

自分から率先して現場に立つ姿勢。
営業マンとして恥ずかしくないように鍛える。

役員のカガミですね。

僕が前に勤めていた会社で、10キロマラソンに参加する企画があり、僕も参加しました。

その時、たまたま引退した役員さんも参加していました。
引退した役員さんなので、60才は越えています。

その方は僕よりも早く完走されていました。

社長や役員になるくらいの人は、自分に厳しい人が多い様に思います。

学生の頃からストイックに勉強に取り組み、一流大学へ進学し、職場でも人に負けないように頑張って来たのでしょう。

人並みにという意識はないのでしょうね。

『  自分に勝つ!』

これが課題なのかも知れません。

人並みという人は、人並み以下に。

人並より頑張るで、人並み程度に。

自分に甘えず、自分に勝つ。
この気持ちで、人並み以上に。

僕も見習いたいと思いました。

占い東風LINE友達登録