千葉占い東風の
店内はこんな感じです

Facebook、インスタグラム、等へ店内の動画をアップさせて頂きました。

千葉占い東風が出来るまでを振り返ってみます。

千葉にお店を出すことを考えて、稲毛駅を中心に探していましたが、家賃は高めだったので、隣の新検見川を視野に入れてみると、比較的安めの物件があり、今のビルを見学に行きました。

南側、リフォーム済み、明るい物件を見学しましたが、駅前すぎて電車の音が気になるために、北側の部屋を教えてもらいました。

こちらは、リフォーム前だったのできれいでは無かったですが、壁紙、床、天井を張り替えますと言われ階段からも近かったので、こちらに決めました。

リフォーム前(千葉占い東風)

 

リフォーム後(千葉占い東風)

天井はオプション扱いとなっていますが、張り替えてもらえるなんてラッキーでした!

 

豪徳寺を営業しながらの店の準備をしていたので、2月から僕の休みはありませんでした。

カーテンレールを外し、ロールカーテンに変更

間仕切り用のカーテンレールを取り付け

 

間仕切りの中に入れる防音用のボードを作り、防音のオーダーカーテン6枚を取り付け

待合室のソファーを注文し、間仕切りに置く棚を買ってきて

鑑定室は蛍光灯を使わず、全て間接照明に変えたり、全部手作りです。

入り口のガラス扉、ビルの看板だけは、業者さんへ頼みました(自分では無理)

 

開店した時も大変でしたが、移転の方がもっと大変ですね。(家賃も二重で掛かるし)

 

 

ちなみに世田谷の時はこんな感じでした。

装飾なし(豪徳寺)

オープン始め(豪徳寺)

2017年(豪徳寺)

これを見るとよく頑張ったなって思います。(天井も自分で布を貼っていた)

友人やお客様から、女性向きのお店にした方が良いのでは? 等のアドバイスを取り入れて、改善しました。

自分的に満足している事を、人から言われると少し滅入りますが、それを一度飲み込んでありがたいと思う事で良い方へ改善出来たのだと思いました。

 

千葉の占い東風は、まだ進化していきたいと思っていますので、お楽しみに。