完全にプライベートな話です。今年の10月にも行ってきた、千葉県の南房総市白浜へ。

両親がよく行っている『紀州鉄道房総白浜ホテル』です。

10月のブログにも書きましたが、夕飯にカニ、サザエ、刺身などの料理が全て食べ放題のホテルです。

リピーター割引(期間限定)のハガキを見せると一泊一人6450円です。

 

以前の僕であれば、一緒に行こうと言われても「二人で行ってきて」と断っていましたが、最近は両親が高齢になった事もあり、親孝行のつもりで一緒に行く事にしています。後悔先に立たずですからね。
(僕が運転をすると、父が安心してお酒が飲めるので喜びます)

白浜は館山市の隣にある千葉県最南端。

DSC_3911館山に入ると、南国ムードのヤシのきが並ぶ道もあります。

 

白浜ホテルは、外観も部屋も平凡ですが、オーシャンビューの景色が素晴らしい。

DSC_3905

 

 

そして夕飯は食べ放題。

dsc_3907サザエの壺焼きも

DSC_3908ズワイガニも

DSC_3906寿司、刺身、釜飯、サラダ、唐揚げ、等々食べ放題。
とりあえず自分が好きな物を食べてみる。前回は気付かなかった釜飯が意外に美味しかった。

DSC_3909カニ好きなのでおかわり。

最後は、そばとデザートで終了。

大満足でした!

 

部屋に帰ると父は寝る準備。まだ8時前だけど、生活リズムが違うので仕方がない。

まぶしいだろうから電気を消して、眠くなるまでスマホをいじっていました。

 

 

朝5時前に父は起きて6時から風呂が入れるので10分前に風呂へ向かう。

友人と一緒であれば、朝食ギリギリまで熟睡なんですけどね(^^;

7時から朝食ビュッフェで大好きなおかゆを食べました。

 
10時前にホテルを出発し、寄り道をしながら11時前に富浦のおさかな倶楽部へ到着。

DSC_3914DSC_3916この裏手はこのように漁港。場所が通りから外れているので、なかなか気付かれない場所ですが、父が知人から教えてもらったそうです。穴場の食堂です。

ここのお店を知る前は、『保田のばんや』(有名な町営食堂)で昼食が定番でしたが、僕はおさかな倶楽部を知ったらここに来ない訳にはいかない。その他にも館山市の相浜亭も安くて美味しいお店はあります。

でもおさかな倶楽部の煮物を食べたくなる。

この辺は美味しいお魚を安く提供しているお店がいくつもあるので、住んでいる人はうらやましい。

dsc_3912

メニューはこんな感じになっていますが、限定品はすぐに品切れになります。

 

DSC_3913僕は、ぶりのかぶと煮1,000円。 前回母が食べていたので食べたかった。やっぱり美味しい。幸せ。

父は金目の姿煮1,800円。金目は微妙でした。

母は富浦漁師のまかない丼1,000円か1,200円。ネタの量が半端じゃないくらい多い。

 

前回食べた、かんぱちのアラ煮1,300円も美味しくて量も多かった(食べきれずに持ち帰った)

黒むつの姿煮1,800円も人気のようでしたので次回は食べてみたい。

 

昼食後、廃校になった小学校が道の駅になった『道の駅保田小学校』へ

DSC_3919  DSC_3918

廃校あとですが、改装されていてとてもきれいになっています。

DSC_3917体育館内もこんな感じです。

 

以前は、館山へ行くには一般道を長い時間掛かっていましたが、最近は館山道が出来てアクセスが便利になりました。

房総半島は海の幸が豊富で、お魚好きにはおすすめです。