一生に一度は行きたいお伊勢参り、として有名な伊勢神宮。

日本にある神社の頂点と言われています。(伊勢神宮、出雲大社が双璧とも言われているそうです)

僕も「 死ぬまでには一度行っておかなければ 」と思っていましたが、お客様や周りの人から、伊勢神宮へ行ってきたと聞くことが多くなり、行きたい気持ちが高まっていました。

 

初めてのお伊勢参りなので、ツアーであればガイドさんが色々と教えてくれるだろうと思い、ネットで『 四季の旅 伊勢神宮バスツアー 』を見付け、友人(中田好人くん)も運よく行けるというので2名で参加しました。(一人でも行く覚悟でした)

行きが夜行なので安心して寝られるように、ゆったりシート(割高)を選択。
一人 13,800円でした(シートの種類、日にちで変わる)

スケジュール

24日(水)21:30 新宿都庁で集合
横浜経由して三重へ(バスで仮眠)

25日(木)
5:30 二見興玉神社・夫婦岩(50分)

6:40 伊勢神宮・外宮(60分)

8:00 月読宮(20分)

8:10 伊勢神宮・内宮・おかげ横丁自由時間(4時間)

12:30集合 新宿へ

20:30 新宿到着(解散)
の予定です。

新宿に集合し、出発

新宿で添乗員さんから、「 パーキングで似たようなバスがたくさんあるので、バスのナンバーを覚えてください 」と言われました。
ナンバーは77-88。自分の誕生日(7月8日)だ!と勝手に盛り上がる。

新宿で20名ほど乗車、横浜で2名乗車。

女性が8割、男性2割。
一人で参加している人が半数以上(平日だからかな?)

その他に、雑誌の女性セブンの記者が、取材のために2名同行していました。
(6月15日発売の物に載せる予定と言っていました)

運転手は2名で交代で運転。その他にツアーガイド1名。

 

横浜を出ると車内は真っ暗になり、リクライニングで仮眠モード。

約2時間おきに、パーキング停車(3回)。

リクライニングがかなり倒れるけど、後ろの人の足が自分の座席にドンドン当たり、なかなか眠れなかった。(当たり外れはあるようです)

二見興玉神社、夫婦岩

早朝、夫婦岩がある二見興玉神社に到着。

近くに迎日館という、むかしの偉い人がお伊勢参りの時に利用していた宿があったり、情緒のある場所でした。

月読宮

スケジュールでは伊勢神宮・外宮ですが、先に月読宮へ

月読宮は広くはないのですが、伊邪那岐(イザナギ)、伊邪那美(イザナミ)、月読(ツクヨミ)が祀られている場所です。

この辺りから小銭がなくなって困りました。(お賽銭箱がたくさんあるので小銭の用意を)

 

伊勢神宮・外宮

ここは、豊受大御神(とようけのおおみかみ)という食物・穀物の神様。

ガイドさんから、人から食べ物を頂く縁のある人などは感謝の気持ちを忘れないようにと教えてもらい、ちょうど着いた時には小銭がなくなたので、お礼も込めて千円札をお賽銭に。

とても神聖な雰囲気のある場所です。

亀の石橋があり、本当に亀の形。本宮から亀の橋を渡って左側の石垣に隠れハートあり

 

猿田彦神社

伊勢神宮・内宮の前に、猿田彦神社オプションツアー(+500円)に参加。
こちらは、八角形が特徴の神社で、柱や鰹木などが八角形になっている。
これは、方位(八方位)に関係しているとの事。
境内の中央に九星気学の方位盤の台座がある。

猿田彦神社Facebook公式ページより

この方位盤の文字に手のひらを当てて祈祷すると願いが叶うそうです。
例えば、人気や才能を高めたい人は、寅(とら)→午(うま)→戌(いぬ)の順に手を当てるそうです。
九星気学を勉強している人は、ピンときたかと思いますが、この3つで三合火局が構成され、火のエネルギーが高まる。火は南で、南は名声・出世の方位です。
猿田彦神社に来てよかった(^^)/

 

伊勢神宮・内宮

そこから歩いて伊勢神宮・内宮へ

途中の地下道に寄り道して隠れハートを撮影。
階段を下りて右手の手すりの裏です。ディズニーランドの隠れミッキーみたいですね。
(ガイドさんがいないと気付けない)

 

内宮の入口へ内宮は右側通行です。  

この階段をのぼった所で参拝です。
(階段から上での撮影は禁止です)

伊勢神宮・内宮は、天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀っていて、三種の神器である八咫鏡(やたのかがみ)が御神体です。

 

おかげ横丁

参拝を終えて、おかげ横丁へ。お土産屋さんや、お食事処がたくさんあります。

まずは、伊勢うどんと甘酒を頂く。 

他のお店の伊勢うどんも食べてみる。
伊勢うどんは、汁なしのうどんです。すごく柔らかくてシンプルで、懐かしい感じでした。一杯500円。

ようかんこんにゃく、生酒(ここでしか飲めない)、カキフライ、など食べ歩き。
赤福、ういろうを両親のお土産に(赤福、ういろうの賞味期限が次の日まで)

短い時間でしたが、充実した時間でした。

12:30 バスへ集合

新宿へ

バスに乗って新宿へ

途中、渋滞もありましたが、予定より早く20:00に新宿到着。

新宿で夕食

新宿ルミネ『 甜點菜楼 』(てんてんさいろう)で中華食べ放題(小籠包も)2,500円。
小籠包が美味しくてたくさん食べた。他はまあまあです。

まとめ

晴れ男の僕が、珍しく雨に降られました。
特に伊勢神宮・内宮(メイン)ではかなりの雨に。
参拝が終わって伊勢うどんを食べていると止んできました。
神様から、一回の参拝で満足しないようにと言われているような気がしました。
また行こうと思います。

伊勢神宮周辺は、とても神々しく素晴らしい土地でした。
まさに神が住んでいる場所という感じです。

まだ行ったことない人は、ぜひおすすめします。

 

その他

神社での参拝では、お願いをする人、お願いしない人、に分かれる様です。
どちらにしても、まずは感謝の気持ちを忘れないようにしたいです。

ガイドさんによれば、ここは感謝だけ、ここは感謝とお願い、など場所によって分けていました。

以前の東風ブログ「 神社でお願いしている相手は? 」に、神社には鏡があり、自分に対してお願いしているかも。と書きました。

最近読んだ本には、自分への誓いを立てると良いと書いてありました。

僕が神社で参拝するとき、日ごろのお礼を伝えてから、こういう風になるために頑張りますのでお見守りください。という形にしています。(自分への誓い)

努力している人には、神様は力を貸してくださると思っています。
ただの神頼みにならないようにしたいですね。